エアコンが無い我が家の「夏休み初日」

うちの自治体では、今日から学校の夏休みです。
長男も次男も、久しぶりにがっつり勉強できた日でした。

実はここ1ヵ月近くの間、我が家の子どもたちはまともに勉強できていませんでした。
記事の表題のとおり、うちにはエアコンがありません。
7月中は連日ぶっとおしで雨が続く中、あまりに暑苦しくて、とても勉強できるような環境ではなかったのです。

しかし今日は、久しぶりに良い天気の週末でした。
雨さえ降らなければ、キャンプ用のテーブルを出して、屋外で快適に勉強できたというわけです。


先日まではテレビでもさんざん「梅雨寒」と言われていました。
しかし、少々気温が低かったとしても雨の日は(湿度が高いので)身体から気化熱が奪われにくく、体感温度は上がります。
したがって、我が家では夏場の雨の日はほとんど勉強できないのです。

今日は、気温そのものは高かったようですが、湿度が低く快適だったので、二人とも勉強がはかどりました。

「いまどきエアコンが無い家なんてあるのか」と思われるかもしれませんね。
確かにエアコンはあるにはあるのですが、ずっと故障しているのです(笑)

我が家は賃貸なので、本来ならば(契約時に謳っていた設備のひとつである)エアコンを家主(管理会社)のほうで修理かリプレスしてもらえるはずです。
しかし、私が契約更新料を払っていないため、管理会社が嫌がらせで保守・管理を拒否している状況が10年近く続いているのです…。

念のために言っておきますが、私の側に違法な債務不履行や契約不履行はありません
法令(借地借家法)と契約に基づいて、こちらの債務は完全に履行しています。
管理会社のほうが違法な嫌がらせ(おそらく独禁法に定義される優越的地位の濫用)を続けている状態です。

テレビCMも打っていて誰もが知っているほどの不動産会社なんですが、カネのためなら余裕で違法行為をするんですね…。

この状況を是正するには、私が管理会社を相手どって訴訟を起こすしかないのでしょうか。
エアコンの付け替えなどで争っても、せいぜい訴額100万にも満たないので、代理人を使わずに本人裁判をやれば、費用は高々2万円といったところでしょう。
その2万円が捻出できず、高々数回の口頭弁論の日程調整も難しいのが我が家の台所事情なのですが(笑)

ただ、私にもっと高い学歴と知能があれば、訴訟に頼らずに別の法的解決オプションを選択できたような気がします……。
というか、学歴さえあれば、数万円程度の民事訴訟費用なんて楽勝で出せる程度の社会的地位になっていただろうし、高度な教育機関で学んだ知識を駆使して完璧な訴状を書き上げ、ばんばん有給休暇を使って口頭弁論の日程も余裕で調整できたはず……。

しかし私は現に、低学歴の貧乏人。
どこまで行っても資本家や大企業から経済的搾取のターゲットにされ、損を強いられる立場に甘んじるしかないのです。

長男と次男には、ぜひとも高い学歴を身につけた上でこの経済カーストの底辺から抜け出してもらいたい。
どんなに夏が暑くても、コロナ禍に苦しめられても、子どもたちの学びを止めるわけにはいかないのです。


キャンプ用品 ラフォーレ アルミツーウェイテーブル アジャスター付 M 120×60cm ( 送料無料 キャプテンスタッグ アウトドア用品 折りたたみ CAPTAIN STAG レジャーテーブル バーベキュー BBQ ハイテーブル ローテーブル )

価格:6,580円


(2020/8/1 23:47時点)


感想(0件)








この記事へのコメント