SAPIXスピンアウト集団「グノーブル」は最強の塾だった?

1週間以上前の話なので、「いまさら感」が満載ですが……
グノーブルの入室テスト&説明会に行ってきました。

グノーブルは低学年クラスが存在しないので、入室テストは新4年生(現3年生)として受験しました。
結果は下記のとおり。

20200225_025332101_iOS.jpg

 算数・理科は α クラスに合格
 国語・社会は α1 クラス(2番目のクラス)に合格でした。

なんと、グノーブルは 理系科目(算理)と文系科目(国社)でクラスが別になっているのです。

上記のとおり、国語の点数が酷いですが、テストは平均点が4割になるように作問されているそうで、そこまでフルボッコというわけではないと(口先では)説明されました。
まあ、気休め&営業トークの一環かもしれません(笑)

算数はデキが良すぎですね。
どうやら時間に追わせるタイプのテストではなかったらしいので、次男の弱点(スピードが遅い&不注意によるミスが多い)がうまく隠された形でしょうか?

残念ながら、問題用紙はすべて回収されてしまい、本人の答案も見ることができませんでしたので、これ以上は分析しようがありません。



さて、入室説明会のほうですが、正直言って感動しました

これまでに参加した保護者会・説明会の中でもっとも良かったのは日能研でしたが、それはあくまでプレゼンが上手いという意味で「良かった」という評価です。

一方、グノーブルは教育の仕組みがよく練られていると感じました。
他塾との差別化のポイントが非常にわかりやすい説明会だったと言えるでしょう。


前述したとおり、グノーブルでは理系科目(算理)と文系科目(国社)でクラスが別になっています。合理的です。
この時点で、「塾に入れるならグノーブルしかない」と思ってしまいます(笑)

サピックスも早稲アカも日能研も四谷大塚も、みんな4科目の合計得点だけでクラスを分けています。逆にそちらのほうが不思議ですね。
まあ利潤追求を優先するとそうなるのでしょう。

また、グノーブルでは週に2回、算数の授業があるのですが、それぞれのコマを異なる先生が担当するそうです。
つまり、1クラスに算数担当の先生が2人存在して、その2人が交互に授業をすると。
これも考えてみれば合理的ですね。

集団塾では、「子供と先生の相性」の良し悪しが必ずあります。
普通の塾なら、相性の悪い先生に当たってしまうと運が悪いと思うしかありませんが、最初から先生が2人いれば、
「相性のよい先生の授業で理解を深める」→「相性の悪い先生の授業で、別の切り口の考え方を鍛える」といった進め方もできるでしょう。

また、カリキュラムもよく練られていると感じました。
特に社会科は、5年生のときに丸1年間かけて歴史を学習するようになっています。

ちなみに、サピックスも早稲アカも日能研も四谷大塚も、5年生の9月以降の4か月半で歴史の学習が完了するカリキュラムです。

これについては、「グノーブルでは歴史が厚くなるぶん、地理などが手薄になるのでは?」という疑問がわきましたが、
「歴史100%を1年間続けるのではなく、歴史80%+地理(復習)20%を1年間続ける内容になっている」と説明されました。合理的です。


正直、うちにもう少しお金があって、現状で次男の学習が上手くいっていなかったら、即決でグノーブルに入塾していたと思います。
とりあえず、3月7日の四谷大塚の組分けテストの結果によっては、グノーブルの春期講習だけ行く手もあるか…と今は考えています。


今回の記事は以上です。


知育玩具 プログラミング おもちゃ 電脳プログラミング 【ビギナー】 正規品 電脳サーキット プログラム 子供 家庭学習 プレゼント 10歳 9歳 8歳 電子ゲーム 電子ブロック 小学生 電子玩具 男の子 ロボット 学研 電気 パズル 電気回路 snapcircuits スナップサーキット 理系

価格:9,999円
(2020/7/26 16:09時点)
感想(1件)







この記事へのコメント

  • 早稲アカは

    算数国語と、理科社会でクラス分けされますよ。
    2021年03月15日 08:56