次男のこれまでの軌跡(コロナ休校明けから夏休みまで)

▼ コロナ休校明けから夏休みまで(3年生6月~8月) コロナ休校中、算数の学習は「1ヵ月=演習問題集1冊」のペースで進みました。なので、「算数の5年下も7月末くらいまでには終わるんじゃね?」と思っていたのですが…。実際には8月末までかかっても、演習問題集5年下の6割くらいを消化するのが精いっぱいでした。 5年下で失速(?)した理由は大きく2つです。  【理由1】 5年下は前半部分の約6割が…

続きを読む

次男のこれまでの軌跡(新3年生からコロナ休校期間まで)

▼ 新3年生(2020年2月ごろ)  2020年の1月下旬から予習シリーズ4年の勉強を始めました。(算数だけは予習シリーズを使わず、演習問題集のみ)丸1年先取り状態で、本格的な受験勉強スタートです。 この時点で次男は、算数だけは丸1年分の先取りを完了していました。(あくまで小学校の教科書レベルですが…)逆に言うと、算数以外はまったくのノー勉(つまり学年相応)です。 次男がとにかく算数を先に…

続きを読む

次男のこれまでの軌跡(2年生まで)

ブログを書くのをずいぶんさぼってしまいました。今日は2月8日、月曜日。塾業界的には、事実上の新学年スタートといってよい日です。しかし我が家では、ブログタイトルのとおり経済事情がアレですから、子を塾に入れることなどとてもできません。ですが、せっかくですから皆さんと一緒に「新学年」をスタートしたつもりで、決意を新たにしたいと思います。 ここであらためて、自己紹介がてら、次男のこれまでの軌跡を振り返…

続きを読む

「毎日机に向かう」を実現するための7つの習慣

さて、次男はあと数ヵ月で中学受験業界的に新4年生となります。 ここから数回の記事に分けて、低学年時代(約2年半)のふり返りをしておきましょう。 低学年における最大の目的は「学習習慣をつける」ことにあると思うので、まずはこの観点から「やってよかったこと」をまとめました。 【その1】「勉強した事実」を成果とする 要は、「知識を得る」「問題を解く技術を身につける」といった目標を設定…

続きを読む